子育てサラリーマン ちゃいの投資ブログ

子育てサラリーマンの投資ブログ

投資を始めた理由②

前回は、投資をやらないリスクの話をしました。


今回は、もうひとつの理由である期待値についての話です。


期待値とは、簡単に言うと、100円投資して確率的にいくら返ってくるかのことです。

友達と100円出して取り合う場合、二人で200円、勝つ確率二分の一なので、期待値は100円。投資額と期待値が同じなので、やる意味なしとなります。

競馬やパチンコは期待値100以下です。なぜなら、参加者から集めた掛け金から、運営会社が運営費を徴収し、残りを分け合う形になるからです。前の例で言うと、友達と出し合った200円から、第三者が50円徴収して、残りの150円を友達と取り合うようなものです。


では、株式投資はどうでしょう?

これには株式投資の考え方を知る必要があります。


投資したお金は、投資先の企業の事業運営に使われます。物を売ったり、サービスを提供したりして利益が出たら、それを配当金として株主に還元します。つまり、どんどん利益が増えていく企業は、配当金もどんどん増えていくし、配当金目当てに投資家が群がってくるので株価も長期的には上がっていきます。


競馬やパチンコは参加者でお金を取り合いますが、株式投資は企業の事業活動による利益が分配されるので、仕組みが全くことなります。


これを頭に入れると、株式投資は投資先の事業活動による利益をどう見るか、で期待値が変わります。


単純に考えると、経済が成長している国は、利益も右肩上がりになるので、期待値100以上になる可能性が高いです。逆に経済が停滞・後退している国は、期待値100以下になる可能性が高いです。


つまり、成長国に投資する限り、損をする確率より、得をする確率の方が高いと判断したことが、投資を始めた理由の二つ目です。